かぼちゃの馬車問題は解決しない|首都圏の不動産情報なら首都圏不動産販売

お電話でのお問合せ

03-5498-7290

【営業時間】9:00~19:00 【定休日】無休

2018年03月15日

かぼちゃの馬車問題は解決しない

かぼちゃ
スマートデイズ破綻に関わる一連の問題が連日紙面を賑わせています。
日本経済新聞の報道によると、300人程度のオーナーの金利や毎月の
支払額を大幅に引き下げることで合意したとありますが、稼働率が低い
物件には焼け石に水になる可能性が高いのではないでしょうか。

不動産投資は長期にわたって投資を回収するビジネスです。
不動産を適切に管理し、高い稼働率を長期にわたり維持することに
よって、ようやく投資を回収するのです。
建物が建った当初から稼働率が低いということは致命的であり、金利の
負担が大幅に下がったとしても根本的な解決につながらないと思います。
(それくらい、予定した稼働率を下回ることは厳しいのです。)

かぼちゃの馬車問題はすぐに表面化しましたが、他の企業が手がける
サブリースに関わる同様の問題は、今後人口減少が進む中で時間を
かけて深刻化していくと思います。

収益物件に対する銀行の融資審査も厳格化しており、投資家の目線は
今後より一層厳しくなることが予想されます。
ページの先頭へ