間口の狭い物件|首都圏の不動産情報なら首都圏不動産販売

お電話でのお問合せ

03-5498-7290

【営業時間】9:00~19:00 【定休日】無休

2019年05月03日

間口の狭い物件

敷地は広い一方で、間口が狭いため価格が伸びない物件の売却を頼まれています。
弊社はこういった物件の売却依頼を結構受けるのですが、常に売主様の希望価格と
実勢価格に乖離があるので説得に苦労します。

建築基準法では、原則として幅員4mの道に2m以上接道しなければ建物を建てる
ことが出来ないとされています。

敷地は数百㎡あるにも関わらず、周辺の住民に土地を切り売りした結果、幅員が
4mを切ってしまっているケースが多い印象で、中には近隣住民に騙されて不利な
地形の土地を割高に購入させられてしまったケースもありました。

幅員を広げるにあたり、土地の買取を近隣住民に打診しても、大半が立退きに
多額の見返りを要求してきます。弊社の顧客は不利な土地を割高に購入したうえ、
立退きにもお金を使うので、経済的には大きなマイナスです。

自然と、売却価格が実勢価格より高くなりがちで、弊社も有効活用のために複数
の売却プランを提示するのですが、通常、住宅用地として売りに出すのが最も
価格面では有利で、大半は建売メーカー向けに売却することになります。

マンション用地としての条件を満たす土地は殆ど無く、アパート業者は昨今の
レオパレス問題などの影響もあり、癖のある立地の購入は控えています。
自然と建売メーカーに物件を売るのが最も合理的となりますが、上記のように
道路の問題を孕んでいる物件は建売メーカーに売却することも出来ません。

必然的に個人のお客様を探すことになりますが、広大な敷地を自宅として購入
したい個人は殆どいません。(しかも、接道に問題がある物件。) 
入り口を狭めている物件所有者を説得できれば話が早いのですが、なかなか
こちらの提案に応じる方は少なく、有効な解決策が見当たらないのが現状です。 
ページの先頭へ