投資用ワンルームマンション|首都圏の不動産情報なら首都圏不動産販売

お電話でのお問合せ

03-5498-7290

【営業時間】9:00~19:00 【定休日】無休

2019年05月04日

投資用ワンルームマンション

お客様より投資用ワンルームマンションの売却の依頼を受けています。以前、同じ建物の
ほかの部屋の売却をお手伝いさせて頂きました。

売却にあたり、様々な業者がアプローチしてきたようですが、他の業者は最初に提示して
きた値段から値切り始めるなど、信用ができなかったとのことでした。

この様ないい加減な業者が使う手法は、当初は相場より高く売れると売主を説得して媒介
契約を締結し、その後、建物や設備に問題があるだのなんだの理由をつけて、不必要な
修繕工事をさせたり、売却金額を下げさせたりするのです。

依頼されたお客様の物件はオーナーチェンジの物件なので、現在賃借人がいるため、中を
見ることが出来ません。従って、通常この様な物件を取引するときは、建物や設備の瑕疵
担保は免責にして売買します。(設備に問題があればオーナーに修繕の依頼が入っている
はずです。)   

上記は不動産業者であれば知っている話ではありますが、一般には知られていないため、
中古物件は修繕が必要だと言われれば高額な修繕工事に応じてしまう方が多々います。
  
オーナーチェンジ物件は、賃料と売却価格を算定する際の利回りが正しく設定されて
いれば、すぐに売買が成立します。(内覧する必要もないのです。)

再度弊社を選んで頂いたお客様のご期待に応えるためにも、適正価格で短期に売却できる
よう、最善を尽くそうと思います。 
ページの先頭へ