金融機関での決済|首都圏の不動産情報なら首都圏不動産販売

お電話でのお問合せ

03-5498-7290

【営業時間】9:00~19:00 【定休日】無休

2019年05月30日

金融機関での決済

本日決済があるのですが、最近は金融機関が決済用に支店のスペースを貸して
くれないケースが増えてきました。

以前は借りることが出来たのですが、最近は不動産取引の決済で使用したいと
伝えると、その様な理由ではスペースを貸し出すことが出来ないと返答されて
しまいます。

また、不動産は多額の資金の振り込みが必要なので、送金する人は本人確認
書類や銀行関係の持参物(通帳、銀行印、銀行カード)に加え、契約書の写し
(さすがに原本である必要なないとのこと。)が必要とのことでした。

この様に場所を提供しなかったり、契約関係の書類を求める背景には、金融
不動産に係る詐欺が高度化してきたことがあると思います。銀行は以前にも
まして顧客の送金や預金の引き下ろしに神経質になり、他の顧客は不動産を
売ったお金で豪遊したかったので1000万円を口座から引き下ろしにいった
ところ、支店長が出てきて延々と説得されたうえ、下ろすことが出来な
かったと嘆いていました。  

金融詐欺を警戒するのは大切だと思いますが、世間ではIT業者が顧客データ
を使用して迅速に融資するビジネスを開始するなど言われており、最先端の
方向とは真逆の方向に進んでいるような気がしてなりません。

いつも銀行のサービスを利用していて感じるのは、店舗に無駄に人が多く、
取引に必要な持参物が多いうえ、処理が遅い、サービスのコストが高い等と
いった点です。

それでいて、顧客には投資信託の購入やカードに会員になって欲しいと
いったお願いをするのですから、いささか感覚がずれていると感じざるを
得ません。 
ページの先頭へ