収益不動産への融資|首都圏の不動産情報なら首都圏不動産販売

お電話でのお問合せ

03-5498-7290

【営業時間】9:00~19:00 【定休日】無休

2019年06月18日

収益不動産への融資

個人向けの収益不動産に対する不正融資が巷をにぎわせています。昨日は、TATERUに対する
業務停止命令が国土交通省から下されました。

スルガショックに端を発する不正融資前は、一棟マンションやアパートローンは、スルガ銀行
や西武信金、西京銀行などの金融機関なら柔軟に対応して審査を通してくれるといった話を
たくさん聞きました。

しかし、今はこれらの金融機関からの融資は厳しく、代りにオリックス銀行、横浜銀行、千葉
銀行が積極的に融資しているという状況です。 

一棟ものを扱う業者は、常に各金融機関の融資姿勢に注意を払っているので、最新の金融機関
の融資情報を知りたいときは、友人の業者にヒアリングするようにしています。

現在のオリックス銀行、横浜銀行、千葉銀行等は超優良の銀行で、過去の不正融資問題を起
した金融機関と比較すると問題のある融資をしているとは考えづらく、一棟収益物件に対する
融資環境は健全になったと思います。

不正融資問題の関係した建築物は、投資費用に対して大幅な割引価格で、水面下で取引され
ています。投資家は大きく損をしてしまいましたが、価値がゼロになるわけではありません。
適正な価格で流通し、長期的には業界が成熟・成長していくことを期待したいです。
ページの先頭へ