コンプライアンス不況|首都圏の不動産情報なら首都圏不動産販売

お電話でのお問合せ

03-5498-7290

【営業時間】9:00~19:00 【定休日】無休

2019年06月21日

コンプライアンス不況

昔証券業界にいたときに、「コンプライアンス不況」という言葉をよく耳にしました。
法順守を優先するあまり、現場の収益性が落ちることを揶揄した言葉なのですが、この
コンプライアンス不況は不動産業界でも進んでいる気がします。

土地の買主企業がコンプライアンスを重んじるあまり、契約書で定める約束事が多く
なることから、売主様が引いてしまるケースが本当に多いです。特に、特約のなかで
いくつも期日を設けられると(例えば、境界確定の〇〇の書類はいつまで、越境の覚
書は〇〇まで、境界確定は〇〇まで等)、売主様が負担に感じてしまい、契約に対し
て消極的になってしまうのです。

また、我々業者も契約から決済までの期間の業務が増えることから、あまり良い気持
ちになることは出来ません。コンプライアンスを強化することは大切だと思いますが、
強化しすぎることは中長期的に地場の不動産仲介会社との提携関係が弱くなることに
繋がるのではないかと感じてしまいます。

こういった問題点を抱えて、弊社の様な仲介業者や売主と交渉しなくてはいけない
ので、買主業者の現場担当者の負担も相当あるのではないかと推察します。今の交渉
相手とはある程度の関係があるのでそこまで心配はしていないのですが、大きな問題
が起こった時にどのような対応になるのかは、やはり心配になります。

弊社としてのスタンスを買主業者にも伝え、お互いに納得のいく関係を構築できる
よう努力する必要があるのかもしれません。 
ページの先頭へ