消費税10%について|首都圏の不動産情報なら首都圏不動産販売

お電話でのお問合せ

03-5498-7290

【営業時間】9:00~19:00 【定休日】無休

2019年06月25日

消費税10%について

昨日、川崎の土地取引契約が成立したのですが、その際に相手業者より仲介手数料の
消費税率を10%で計算して支払約定書を作成して欲しいと頼まれました。

当取引は決済が10月の予定なので、消費税が上がった後であるとの解釈になり、税率
を10%で計算しているとのことでした。

弊社では取引から決済の案件が大体3ヵ月以内であるため、10月以降にずれ込む案件
が今までなく、この件には気付いていなかったので、指摘して頂いた相手業者には
感謝したいと思います。

消費増税をめぐっては、選挙でも大いに議論されているので、選挙の結果についても
注意しておこうと思います。国会ではモリカケ問題に続き、年金2000万円問題も
取り上げられるなど、政治家と官僚の駆け引きが続いているように思われ、個人的に
は消費増税が予定通り行われるかについて非常に興味があります。

消費増税は経済界では確実に景気を冷やすとされており、不動産市場にもマイナス
であることは間違いないと思います。10月にかけては、消費税の動向にも気を配り
ながら、お客様にアドバイス出来ればと思います。
ページの先頭へ