サブリース契約の問題点|首都圏の不動産情報なら首都圏不動産販売

お電話でのお問合せ

03-5498-7290

【営業時間】9:00~19:00 【定休日】無休

2018年05月02日

サブリース契約の問題点

現在、某大手サブリース会社とサブリース契約が結ばれている収益物件
売却依頼を受けています。

実際に売却活動を行うと、買主候補からは必ずサブリース契約の解除が
条件として示されますが、某大手サブリース会社との契約では、大家サイド
からサブリース契約の解除ができないことがわかりました。
第三者に所有権が移転しようと、契約期間が終了しようと、契約の解除権が
サブリース会社にしかないのです。

これは大家さんにとって本当にマイナスです。

一般的に家賃補償額の減額が問題になり裁判になっていますが、上記の
問題も家賃減額と同様に議論されるべきと強く感じます。

ページの先頭へ