大東建託との話合い|首都圏の不動産情報なら首都圏不動産販売

お電話でのお問合せ

03-5498-7290

【営業時間】9:00~19:00 【定休日】無休

2019年07月10日

大東建託との話合い

レオパレスに引き続き、今度は大東建託のサブリース解除を進めています。
現場に現れた担当者は印象の良い方で、レオパレス社のように他人事の様に
解除に取り組んだりはせず、腹を割って話をしてくれました。

レオパレス社はサブリース解除の際に、建物の修繕という理由もあったの
でしょうが、居住していた住民を全て他の物件に移してしまいました。
これは、一からリーシングをし直さないといけないオーナーにとっては、
非常に厳しい措置です。

レオパレスが他の物件に居住人を移動させられるのも、レオパレス物件の
居住人の会社とレオパレスが契約関係にあるからです。おそらく、会社の
方針で、社員の福利厚生として借り上げている(或いは家賃補助)企業と
契約を結んでおり 、サブリースが解除される物件からは賃借人を出して
しまうのです。

一方で大東建託物件の賃借人は一般の方々であるため、サブリース解除と
ともに賃借人が全員他物件に移るといったことはないとのことでした。
この点については、大東建託の他のサブリース物件が満室稼働していなけ
れば、他物件に移動させるインセンティブは働くので注意が必要ですが、
レオパレス社のように全ての居住者を転居させるようなことはないと思い
ました。

いずれにせよ、売却までには調整する事項はまだまだあります。大東建託
もビジネスで取り組んいるので、相手の立場にも一定の配慮をしつつ、波
風の立たない解決策を模索して行こうと思います。 
ページの先頭へ