住宅ローン金利上昇|首都圏の不動産情報なら首都圏不動産販売

お電話でのお問合せ

03-5498-7290

【営業時間】9:00~19:00 【定休日】無休

2018年08月01日

住宅ローン金利上昇

時事通信社の発表によると、複数の大手行より7月末時点の住宅ローンが
上昇しました。先日10年国債の金利が急上昇したことが背景にあります。

//www.msn.com/ja-jp/money/news/%ef%bc%91%ef%bc%90年固定、りそなが上げ%ef%bc%9d%ef%bc%98月の住宅ローン金利%ef%bc%8d大手行/ar-BBLiQqV

りそなの優遇金利が0.05%上昇とありますが、この水準がローン返済額に
与える影響は微々たるものです。株式市場への影響も限定的であったこと
から、今後金利が急上昇するような事態を市場関係者が予想しているわけ
ではなさそうです。

過去は日本が借金苦で破綻するとか、ハイパーインフレがおこるとかで、
金利の急上昇を憂う論調も見られましたが、現在では日本の財政が他の
先進国と比較して健全である(資産が多い)との理解が拡がり、上の
ような考え方は減って行った様に感じます。
長期国債の金利が低位で安定しているので、変動金利で住宅ローンを
組むことに抵抗が無くなっていったような気もします。

今後も人口減少を背景に景気に対する不透明感も高いことから、とても
金融政策の出口を迎える状況ではないため、金利は低位にとどまり続け、
住宅ローンの金利についても、過度に悲観する必要はないと思います。

ページの先頭へ