パチンコ店の動向|首都圏の不動産情報なら首都圏不動産販売

お電話でのお問合せ

03-5498-7290

【営業時間】9:00~19:00 【定休日】無休

2019年12月25日

パチンコ店の動向

パチンコの遊戯人口がどんどん減っているというニュースをよく耳にします。レジャー白書
の統計によると、パチンコの遊戯人口はピークの3割にまで落ち込んでいるようです。

http://www.nichiyukyo.or.jp/_sys/wp-content/uploads/02_news_nichiyukyo1808.pdf

パチンコ業界に勤務する友人から、2019年の12月にはパチスロの人気機種の撤去が多く、
パチンコホールの運営は今後一層大変になると聞きました。パチンコ・パチスロは、過去の
機種であるほど射幸性(ハイリスク・ハイリターン)が高い傾向が強いのですが、ホールに
遊びに来る殆どのユーザーがこの高射幸性の機種での遊戯を望んでいるようです。

自然と、高射幸性の古い機種が撤去されるにつれ、ホールに足を運ぶ人が減っていくそう
です。そして、今年は、長年ホールを支えてきた人気機種が軒並み撤去された年だったそう
で、今後の運営に頭を悩ませているホールも多いだろうとのことでした。

パチンコ店の立地は一般的に駅前の一等地です。通常は売りに出ることが無いような物件が
市場に出てくることは、不動産業界にとっては喜ばしいことです。弊社も機会があればP店の
取得を顧客に勧めてみようと思います。
ページの先頭へ