乱高下する株式市場|首都圏の不動産情報なら首都圏不動産販売

お電話でのお問合せ

03-5498-7290

【営業時間】9:00~19:00 【定休日】無休

2020年03月04日

乱高下する株式市場

昨日の米国の株式市場は3%程度の下落となりました。前々日は5%の急上昇でしたが、
その上昇分の大半を下げてしまった格好です。米国市場が急上昇したにも関わらず、
昨日の日本株式市場は下落するなど、いよいよコロナウイルスの影響が長引き、経済
に甚大な影響を及ぼす(であろう)ことを折込み出していると感じます。

リーマンショック時同様に、こうなると株式市場は何もかもが売られる状態になり
ます。経済も停滞することが予想されるため、投資家も積極的に投資するよりは、今
まで投資していた案件からとりあえず資金を引き上げることを優先します。

こうした負のスパイラルが進むため、投資資産の中には評価額を大きく下げるものも
出てきて、企業倒産も増えることが予想されます。不動産業界では、在庫を多く抱え
ている企業が、不動産価格の下落を受けて資金繰りが悪化し倒産します。

過去、多くの新興企業がこの様な景気のサイクルに翻弄されて倒産、良い会社は大手
に吸収されてきました。過去の経験則から、昔ほど無茶な経営をしている不動産会社
は多くないと思いますが、それでも今後市場が厳しくなることに変わりはありません。
引き続き、この様な経済状況(金融市場動向も)鑑み、お客様に助言していこうと思
います。  
ページの先頭へ