2017年度の新築マンション市場|首都圏の不動産情報なら首都圏不動産販売

お電話でのお問合せ

03-5498-7290

【営業時間】9:00~19:00 【定休日】無休

2018年05月03日

2017年度の新築マンション市場

2017年度の首都圏マンション供給が不動産経済研究所より発表されました。
供給戸数は3万6,837戸で前年比で微増です。

しかし、長期的なトレンドでみると、2015年から在庫は増加基調にあり、
新築分譲の発売戸数は低下傾向にある中で、契約率は2016年から好不調の
判断基準とされる70%を割り込む月が増えています。

新築分譲マンション市場が苦戦しているのは明白で、個人的にも一戸当り
の価格が6,000万円を超えるようでは新築マンションを買える人は極端に
限られるのではと考えてしまいます。
(新築価格が5,000万円台でも十分高いと感じますが。。。)

ちなみに2010年1月時点の一戸当りの価格は4,138万円です。従って、
この8年間で約1.5倍の水準まで価格が上昇しました。

景気回復、金融緩和、マンション用地の不足などを背景に新築価格が
上昇してきたのでしょうが、これからマンションの取得を考えている
層には何とも厳しい時代になってしまったと感じます
ページの先頭へ