修繕が進まないレオパレス物件|首都圏の不動産情報なら首都圏不動産販売

お電話でのお問合せ

03-5498-7290

【営業時間】9:00~19:00 【定休日】無休

2020年05月14日

修繕が進まないレオパレス物件

レオパレス社の違法建築物件に対するプレスリリースに目を通してみました。
最近のリリース内容によると、下記の通り違法建築物件の修繕工事が進んで
いないことが分かります。

・明らかな不備棟数:13,611
・改修工事着手棟数:6,886
・改修工事完了棟数:1,003

昨年7月の発表では、工事完了時期は当初2019年夏前をしていたが、2020年
6月に後倒しになったという事でした。従って、レオパレス社は後ろ倒しに
修正された予定である2020年6月までに改修工事を完了させるという約束を、
また大幅に遅らせることになります。

コロナの影響もあるのでしょうが、それだけでは説明がつかない程、工事の
進捗は遅れている印象です。

建築違反が発覚してから長い月日が流れていますが、問題解決には気の遠く
なるような時間がかかる様に思えてなりません。

現在、弊社でもレオパレス物件の売却を請け負っていますが、上記の明らか
な不備棟数に分類されていない物件です。レオパレス社でこの様に判断した
ところで、いざ売却となると融資が下りないだの、適正価格から大幅割引に
なるだの、オーナー様には大変な負担がのしかかることになります。

レオパレス社には他の業務に優先して、改修工事と明らかな不備物件以外の
物件に対する補償にも迅速に取り組んで頂きたいと思います。 
ページの先頭へ