容積を消化できない土地|首都圏の不動産情報なら首都圏不動産販売

お電話でのお問合せ

03-5498-7290

【営業時間】9:00~19:00 【定休日】無休

2020年05月15日

容積を消化できない土地

新大久保の好立地の土地の売却を担当しています。幹線道路に面しており、道路は幅員
15m、北側にあるので500%を容積をフルに消化できる立地です。

しかし、理論上は容積を消化することが出来ても、土地が120㎡程度と狭くいために、
建物が細長くなってしまい、建築コストの兼合いから実際は300%程度しか消化できな
い値付けになります。

隣地と一緒に売却することが出来れば、ワンルームマンション業者の仕入れ基準に見合
う土地に仕上がるため、売却価格も倍以上にハネ上がります。

売主様は大手建築会社に勤務されていた方なので、説得は容易ではありません。下準備
を十分に行い、お客様の納得のいく提案が出来るよう最善を尽くそうと思います。

本物件も仲介する業者の提案能力と交渉能力により、売却価格が大きく変わります。
つくづく、不動産は担当する不動産業者(担当者)の能力が大切であると実感します。      
ページの先頭へ