4月の新築マンション市場動向|首都圏の不動産情報なら首都圏不動産販売

お電話でのお問合せ

03-5498-7290

【営業時間】9:00~19:00 【定休日】無休

2020年06月02日

4月の新築マンション市場動向

久しぶりに不動産経済研究所の発表している「首都圏マンション市場動向」に
目を通してみました。販売戸数が686戸と異様に少なく、前年同月比でみると
51.7%減少となりました。

同社のレポートの見出しによると、「過去最少の供給」であったそうです。
 
契約率は78.9%と高いのですが、販売戸数が少なすぎるので、あまり参考に
ならない数字です。 
 
在庫水準も上昇、販売戸数は減少する傾向がみられ、新築マンションが高すぎ
て売れない状態が続いています。 

上記のトレンドは昨年から見られましたが、コロナで市況の悪化に拍車が
 かかっている印象です。

5月はコロナショックが更に進んでいるはずなので、どれだけ悲惨な数字が
出てくるか興味があります。

弊社には富裕層の顧客が一定数います。中古マンションを中心に物件を探し
ていましたが、新築マンションの大幅な割引が受けられるのであれば、新築
物件にも目を向け見ようと思います。 
ページの先頭へ