当たらない専門家の予想|首都圏の不動産情報なら首都圏不動産販売

お電話でのお問合せ

03-5498-7290

【営業時間】9:00~19:00 【定休日】無休

2020年06月10日

当たらない専門家の予想

先日、株式市場がコロナショック前の水準に戻っていると書きました。コロナショックが
経済に及ぼす影響はリーマンショック以上ともいわれていたので、株価が一旦落ち込んで
からの回復速度は驚異的で、殆どの専門家が株価予想を外していたと思います。

経済が停止してしまっていることから、景気指標が軒並み悪化している中、前向きな予想
を出すこと自体が不可能だったことを考えると、弱気になってしまっても仕方ないこと
だと思います。

株式市場や不動産市場に対する見方については、知り合いのヘッジファンドの運用者にも
聞いてみたのですが、コロナショック中は判断が極端に二極化していたとのことです。

景気の悪化で株式市場、不動産市場の急落が少なくとも数年続くという見方がある一方で、
国家が債務を増やしすぎる結果(様々な補償)、ハイパーインフレが起こり、株式や不動
産の様な実物資産の価値が急激に上がるといった見方も強いとのことでした。

コロナショックが一服した今、株式市場は回復し、これからは実体経済の回復が市場の
期待通り進むかどうかが試されるタイミングです。(金融システマチックリスクは低下)

今のところ、イノベーションが経済をリードするアメリカでは、発表される景気指標か
ら楽観ムードが強くなっています。改革が周回遅れの日本は、今後の景気回復は弱いと
いった見方が強い気がします。 

いずれにせよ、大崩れがなかったことは先日も書きましたが本当にうれしいことです。
国には規制緩和に真剣に向き合って頂き、我々の様な中小企業でも大手とフェアに戦え
る土壌を整備して頂きたいと思います。 
ページの先頭へ