米国のマンションをみてみる|首都圏の不動産情報なら首都圏不動産販売

お電話でのお問合せ

03-5498-7290

【営業時間】9:00~19:00 【定休日】無休

2019年01月28日

米国のマンションをみてみる

大手不動産業者では、国内市場の落ち込みに備えて、海外不動産を日本人投資家に
売る動きがあります。

先日意見交換した大手不動産は米国の不動産をターゲットにしていましたが、現在
米国での不動産価格について興味があったので、シアトルのマンション価格を見て
みました。
(米国といっても地域によって全く異なるので、シアトルの不動産といった方が
適切かもしれませんが。。。)

Redfinというシアトル発の不動産テックのサイトで物件を見てみましたが、情報が
充実しているうえ操作性にも優れ、非常に使い勝手の良いサイトでした。日本の
ポータルサイトと比較すると、写真が非常に多い印象を持ちました。
(それにしても、何故か米国の不動産は写真映えする気がしてなりません。。。)

https://www.redfin.com/WA/Seattle/1415-2nd-Ave-98101/unit-606/home/44195
   
東京都と比較すると、価格帯も、部屋の広さも、大きな違いは感じませんでした。
管理費、修繕積立金等については、月間で日本円で4万円を超える5,000万円程度の
物件も多く、米国の方がやや高い印象です。
(HOAとして情報が記載されている。)   

また、割と日本でいうコンパクト・マンションのような物件も多い気がしました。
不動産価格が高騰しているので、日本人の感覚からして広すぎるような物件は、
4,000~6,000万円程度での価格ではない印象です。

それにしても、地図を見ているだけですが、シアトルの中心街から郊外にかけて、
区画がきれいに整備されており、接道は大丈夫か?と心配になる日本の不動産との
差を感じてしまいました。
(日本で接道が気になるのは戸建ての場合ですが、シアトルでは建売物件も綺麗に
区画されていました。 )
 
今後は米国の不動産に投資を希望されるお客様が出てくるかもしれませんので、
こういったサイトをちょくちょく訪れ、理解を深めていこうと思います。 
ページの先頭へ