安倍首相の辞任について|首都圏の不動産情報なら首都圏不動産販売

お電話でのお問合せ

03-5498-7290

【営業時間】9:00~19:00 【定休日】無休

2020年08月31日

安倍首相の辞任について

先週金曜日は安倍首相が健康を理由に辞任を発表しました。週末には時期総理についての憶測
記事が山の様に出てきており、菅さんが時期総理というのがメインシナリオと思います。

金曜日の株式市場は上昇から一変して下落して終わりましたが、下落率はそれ程厳しいもので
はなく、海外の株式市場も何事もなかったかのように取引されていました。

従って、金融・資本市場においては安倍総理の辞任は、特段影響はなかったという事が出来る
と思います。(不動産市場にもニュートラル)

安倍首相の評価については各メディアが好き勝手言っている感が否めませんが、安倍首相の
在職日数は歴代最長であり、実際は多くの国民に支持されていたと思います。ボルトンの回顧
録からも安倍首相が同盟国の高い評価を受けていたことも事実です。

消費増税等の悪政もありましたが、民主党政権が意味の分からない引き締めを行って、金融
市場を麻痺させてしまった時から比較すると、金融・不動産市場は何倍も正常に機能している
と思います。安倍首相は就任後、すぐに異次元の金融緩和を打出し、金融・資本市場は息を
吹き返して多くの業界関係者はその恩恵を受けることが出来ました。
(※本来であれば立法府と独立して金融政策は決定されるべきですが。。。)

民主党時代の株式・不動産市場は酷いもので、優良銘柄の価値が清算価値も下回って取引され
ていました。当時、ファンド清算の一環で証券化不動産の売却も手掛けていましたが、毎月の
様に価格が下落し、本当に苦しい思いをしました。この時に民主党の政策の問題点を多くの
経済人が認識したことが、今の野党としてのプレゼンスの低さを物語っていると思います。 

安倍政権が誕生した瞬間に、不動産関係者が何でもいいから買いまくれと言って、不動産を
買いあさっていたことを今でも鮮明に思い出すことが出来ます。多くの会社が息を吹き返し、
日本経済に活気が生まれました。構造改革という観点では物足りない面はありますが、評価
出来る政策も多かったと思います。

金融・不動産に係るものとして安倍首相には深く感謝すると共に、今後のご健康とご多幸を
心からお祈りしたいと思います。
ページの先頭へ