異業種交流会での質問事項を通じて|首都圏の不動産情報なら首都圏不動産販売

お電話でのお問合せ

03-5498-7290

【営業時間】9:00~19:00 【定休日】無休

2020年09月22日

異業種交流会での質問事項を通じて

先日、異業種交流会のセミナーに参加しました。コロナに係る保証制度等について、講師に
説明して頂きました。ZOOMでのセミナーで参加者は少数にとどまりましたが、色々と質問
が出て、多くの企業が生き残りをかけて努力していることが伝わってきました。

不動産業界では11月頃から中小企業の経営悪化を受けて、自社ビル等の売出物件が多くなる
だろうといった見通しをよく耳にします。中小企業の成功の証である自社ビルも、コロナに
よって手放すことになることは、経営者にとって断腸の思いでしょう。

弊社と付き合いのある信用組合の融資担当者と景気について時々話すのですが、戸越商店街
も実態は非常に厳しく、とりあえず国の保証があるから融資はしているものの、業績の回復
には全く期待していないとのことでした。

セミナーにご参加いただいた経営者の方々の中には、本当に苦しい状況にある方もいると
思います。現状維持で台風の過ぎゆくのを待つのか、業態を大きく変えて勝負するべきか、
或いは撤退すべきなのか、どの選択肢も非常にストレスの多いものだと思います。

これからの世の中がどうなるのかについては、多くのYoutuberの方々が面白い分析をして
いるので、楽しく見させて頂いております。個人的には、経済のパイは縮小、所得の二極化
は避けられないと思っています。商売に失敗して大きな借金を背負ってしまう可能性が、
従来にも増して高い状況にある事を考えると、撤退する判断も非常に重要なのではないかと
感じてしまいます。(※ただ、ここで不況に立ち向かうのが経営者だとは思います。)

セミナーにご参加いただいた方々の今後の成功を心からお祈りすると共に、弊社も来る変化
に向けて、しっかり準備しないといけないと強く感じました。 
ページの先頭へ