レオパレスの債務超過転落|首都圏の不動産情報なら首都圏不動産販売

お電話でのお問合せ

03-5498-7290

【営業時間】9:00~19:00 【定休日】無休

2020年09月28日

レオパレスの債務超過転落

レオパレスが4-6月期の決算時点で118億円の債務超過になると発表しました。前回の決算では
内部留保が数百億円残っていましたが、建築基準法に違反した建物の工事等で凄い勢いでお金が
減っていたで、遅かれ早かれ債務超過になると思っていました。 

https://news.yahoo.co.jp/articles/4b3a84e91b1af0fe8ae922996e8efc48cde5eb0f

ソフトバンクを含めいくつかの企業による買収の憶測記事を見ましたが、実際は同社の実態を
調査して購入を取りやめたのではないでしょうか。
(或いは、十分株価が下落してから買い取るのか。)

会社にお金が無くなるとなると、問題を抱えた物件の工事が出来なくなります。弊社としては、
こういった問題が起こる事を想定し、レオパレスを保有していたお客様の工事をレオパレスの
本社に直接依頼し、何とか早い段階で工事に着手してもらいました。

弊社の見解では、レオパレス社やその他の大手企業は、確信犯的に違法建築物件を売ってきま
した。賃料の下落や融資が厳しいことから、レオパレスの物件は価値が暴落しています。一方で、
創業者は早々に株式を売却してレオパレスからは足を洗い、同じようなことをする会社を立ち上
げています。

多くのステークホールだーにこれだけ迷惑をかけてノーダメージで乗り切れるということを日本
という社会が許してしまっていることに、心から危機感を感じます。ライブドアの堀江貴文には
例外的に実刑までつけて罰していることに対して、対応が違い過ぎると感じざるを得ません。

今後は同社を巡って様々な報道が相次ぐと思います。同社に纏わる問題は、法整備に原因がある
と思います。土地オーナーのお金が少しでも戻ってくるよう、そして、この様な詐欺的な商売が
出来ない様、菅政権には今後の活躍を期待したいと思います。 
ページの先頭へ