異業種交流会のプレゼンテーション資料を作成して|首都圏の不動産情報なら首都圏不動産販売

お電話でのお問合せ

03-5498-7290

【営業時間】9:00~19:00 【定休日】無休

2020年11月04日

異業種交流会のプレゼンテーション資料を作成して

異業種交流会でプレゼンテーションを担当することになり、資料作成に時間を割いていました。
不動産業界と弊社の置かれた状況等について書いてみようと思い立ち、まずはデータ収集から
始めました。

日本経済はコロナを経験して、衰退する企業や産業、逆に浮上する業界もありますが、これら
のデータを一から集めるのは時間がかかるので、TOPIX17業種の株か推移をみて、業況を判断
してみることにしました。

大雑把にまとめると、IT、ハイテク、先進技術をコアとしてビジネスを展開している企業の
業績はコロナの影響が余り見受けられない一方で、規制に守られ旧態依然とした業界は凋落に
拍車がかかっている様でした。

一つの業界がどうこうといっても、その業界の中には様々な業容が存在し、業界全般としては
厳しくとも自助努力により過去最高利益を更新している企業も多数存在します。

今回の株価動向から私が感じたことは、比較的若く、IT等の導入に積極的で、ユニークな事業
モデルを構築している企業は、どの業界でも光り輝いている様に見えました。

弊社は不動産業界に属していると思います。(TOPIX17では不動産のインデックスがある。)
AI企業として注目を集めているGAテクノロジーズやロードスターキャピタルの業績はうなぎ
登りで、改めて価値のあるサービスを創造した会社の強さを感じました。(三菱地所や三井は
コロナ前の株価水準を回復できていません。)

弊社も他社と比較すると、ユニークなビジネスモデルであると思います。業績は好調ですが、
更なる飛躍を目指して、先を行く企業を見習いながら、自助努力を続けようと思います。 
ページの先頭へ