大手アパート業者との情報交換|首都圏の不動産情報なら首都圏不動産販売

お電話でのお問合せ

03-5498-7290

【営業時間】9:00~19:00 【定休日】無休

2019年04月12日

大手アパート業者との情報交換

大手アパート業者の営業担当者が弊社を訪問してくれました。この業者は、現在世間を
騒がせている建築基準法の違反物件で有名なレオパレスの創業者が、レオパレスを退社
して立ち上げた会社です。

案の定、昨今のレオパレス問題で物件の売れ行きが悪化したことから、法人向けに果敢
に在庫のバルクセールを行ったようで、現在は大分身軽になったとのことでした。

今後は自社の顧客を中心に、相続コンサルや土地の有効活用を提案するなどして、従来
のように自社でアパート用地を取得して上物を建てることは控えるとのことでした。

営業担当者もアパート業界に対して非常に厳しい見方をしていましたが、その理由は
銀行の融資です。スルガ問題に加え、西武信金も暴力団への融資が問題視され、不動産
投資物件に対する融資事情は益々悪化している感があります。 

レオパレスの物件は、オリックスさえ融資しなくなったとのことで、実質融資できる
金融機関がない状態といえます。

阿部政権発足のもと異次元の金融緩和が進み、個人向けの投資用不動産市場が発達して
来ましたが、ここにきて大きな転換点を迎えている気がします。 
ページの先頭へ