お腹の空いている建売業者

雑談
 

建売業者の営業が日増しに活性化しています。各社、コロナ時に仕込むことが出来ず、在庫が
はけてしまった今、仕入れに苦労しているようです。

各社の買い取り目線はコロナ前に戻っていますが、需給がややひっ迫している為、値段が高く
なりがちで思うように仕込めないと各社の仕入れ担当者がぼやいているのが印象的です。

つくづく、不動産の商売はものありきだと感じます。弊社も幸運にも、最近仕入れた物件が
ありますが、想定よりも高く売れそうで非常に楽しみです。

弊社が建売に卸した土地も、土地売りが成立しているようで、好立地の物件は取り合いの様相
を呈している感があります。

どの商売も同じですが、市況は刻刻と変わります。市場の変化に敏感になり、お客様からお預
かりする物件を少しでも高く売却できるよう、最善を尽くします。

 
 

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP